2015年12月27日日曜日

中国の旅行サイト “携程”

莫邦富さんが、ダイヤモンドの連載で「ずさんで悪質極まる中国の旅行サイトを許さない!」というタイトルで「携程 C-trip」という中国最大の旅行サイトでのトラブルを厳しく糾弾しています。

http://diamond.jp/articles/-/82997


ぼくも“携程”は使っていましたが、特にトラブルはなく、これを読んで「最近はダメになってきたのかな」と思っていました。そしたら微博でもこんなことが言われていて、しかも「賛」が1万行ってます。

携程我草泥马,千万别在携程订票,到处都是坑,而且都是小字你根本看不清,买个破机票特么的莫名其妙乱扣钱,诚心祝福你们早日倒闭,尽快关门。

“草泥马”は、極度の怒りを表す罵りことばなわけですが、本来の漢字だと検閲の対象になるので当て字で対応しているわけです。後ろの方にでてくる“特么”もそうです。

“千万别”:“别”で「~するな」という禁止に“千万”「ぜったい」を加えて「ぜったい~するな」。
“到处都是坑”:「落とし穴だらけ」。“到处都是”「至る所に」


会社はこうなったらもう終わりなのでしょうか。

0 件のコメント:

コメントを投稿