2014年5月25日日曜日

真夏の水汲み

真夏の上海は、真昼に外に出るだけで大変だ。

暗くなってから、水を汲みに下に下りた。 
「打水」とかいて、Dǎ shuǐと読み、意味は水汲み。 
「打」、という動詞は見事にいろんな意味で使える。 
打つ、はもちろんのこと、ほかには「打飯」で、 
容器だけもってって、その容器にご飯を入れてもらうという 
用法もあったり。ま、それはそれとして。 

水汲み機に、5角を入れて、オンを押すと、水が出てくる。 
それを、空の4リットルペットボトルで受ける。 
「水汲み機」と書いている、その虹色の安い光を、 
水を汲んでいる最中に見る。 
漢字が、虹色の小さな光を発しているのを見ていると、 
なぜだか急に悲しくなった。 

両手に水で満たされたボトルを持って、 
アパートへ戻るとき、茶色のかわいい猫がいた。 
大きい女の子が、しゃがんで、その猫をなでていた。 
彼女は、「猫を見ましょう」といって、その猫のところに 
かけて行った。そして大きな女の子と彼女は、 
しゃがんで会話を始めた。 

大きい女の子は唐突に「この猫持ち帰って飼えば?」と彼女に聞いた。 
彼女は、実は一匹飼ってるの、ネット上に広告出して、 
誰かに引き取ってもらうのがいいわ。私前に一回やったことがあるの。 
と話していた。確かに過去にそういうことがあって、彼女が拾った猫を 
ネット上で飼い主募集したら、浦東の金持ちの女の子が引き取ったのだった。 
さらに、そのかわいい捨て猫のために、ウェルカムケーキまで用意して 
みんなで供したの由。写真を送ってくれたんだった。 

今、大きい女の子になでなでしてもらっているこの茶色の猫に、 
そういう温暖な雰囲気に遭遇することはあるのだろうか。 
オレンジ色の街頭の下で、しゃがんで猫を見て、 
ジブンが「しゃがんで猫をみている」と実感していた。 

0 件のコメント:

コメントを投稿