2016年11月27日日曜日

…だったりするんじゃない?を中国語で言うと

たとえば、フェイスブックで中国人Aさんがが京都を観光してあんみつを食べました。そのあんみつの写真を友達とシェアすると、友達のBさんがが


B:会不会很甜吗? 「(ひょっとして)すごく甘かったりするんじゃない?」

A:完全不会啊。  「ぜんぜんそんなことないよ」

このの“会不会”は、もちろん「できますか?」という意味ではなく、「ひょっとしたら・・・だったりする?」といったニュアンスを伝えています。返答する方も“会”の否定型で返しています。もちろん、二者択一的疑問詞“是不是”でも置き換え可能でしょうけれど、美味しそうだけどこんなにたくさんあんこやらなにやらが入っているのでどうしても甘すぎるんじゃないかなあという疑問をもとに”会不会“を使っているのではないかと推測しました。英語で言えば“会不会” Perhaps ... wasn't it? という感じか?

0 件のコメント:

コメントを投稿